マイレージカードの詳細を一覧にして比べる

カード名 還元ポイント 還元率 年会費 移行に必要
買物金額
JAL 100円→1マイル 1% 2,100円 100円
ANA 100円→1マイル 1% 2,100円 100円
漢方スタイルカード 2,000円→21マイル 1.05% 1,575円 142,857円
JMBポンタカード 1,000円→5マイル 0.5% 0円 200円

2012年12月現在


マイレージカードをどれにするか選択する際の要素は2つあります。

1つは「還元率」と呼ばれる、何円でマイルが溜まるかを換算した指標です。

この還元率で、航空会社系のマイレージカードならば100円で1マイル溜まりますが、普通のクレジットカードですと半分になってしまうことが良くあります。

2つ目は「最低マイル交換ポイント」と呼ばれるもので、このように還元率がいくら良くてもハードルが高いとここではマイルに交換できないというものです。

上記の漢方スタイルカードは、そして、これから14万円分の買物をしないとマイルに交換できないのです。

それを、ここで踏まえるとこれはやはり若干使いにくい点があります。

頻繁に利用する航空会社からマイレージカードを選びましょう


ユナイテッド デルタ



JALやANAのマイレージカードは飛行機で旅行をしたことがある方でなくても知っているという方は多いかもしれません。

国際線であるデルタやユナイテッド航空はご存じでない方もいるかもしれません。

提携しているクレジットカードはそれぞれで発行されています。

しかしこれは一般的にはJALとANAを還元率で利用する方が多いようです。

有効期限がないデルタや18か月以内にクレジットカードのポイントとしてでもマイルの増減があれば延長されるユナイテッドの商品は特典航空券の譲渡が自由な事も魅力です。

やはり使用頻度的には少なく国内線とは別に海外旅行をする時のために持っていたい商品となっています。

毎年の年末年始の帰省のために普段のお買い物や光熱費などの支払いで発生したポイントをマイルと交換する方はここには多くいます。

熱心にそれを行っている方を「マイラー」とも呼ぶようです。

反対にこのようなマイレージカードの特典のポイント等には今の所興味がないという方や面倒くさい、恥ずかしいと感じている人(特に男性)はすごく損をしていることになります。

この不景気と言われるご時世にほんの数パーセントでも割引ができるシステムを使わない手はないのです。

また、現金での支払いが当たり前だった水道やガス、もしくは電気などの光熱費、携帯電話や家賃、新聞やプロバイダーだけでなく国民年金(会社によっては付かない所もあります)もクレジット機能付きマイレージカードで支払う事によってマイルに交換する事が可能なポイントを貯めることができます。

いずれにせよ必要な支払いをこれまでと支払い方法を変えるだけで良いのです。

これで少しずつ無駄を減らし節約になるのです。

すごく小さな額でも確実に支払っているお金ですので額は重ねるほど大きくなります。

外せない要点としてはこれを誰でも収集が可能な「陸マイル」とメディアや業界の中では呼ぶようです。

失敗したヴィトックスα

ANAとJALのマイレージカードを比較する事は難しい


もちろんこの二つの航空会社のどちらを利用する事が多いか、またはどちらを好むかで選択する事が一番単純で還元率がわかりやすくメリットとデメリットを見いだせるのではないでしょうか。 それくらい両社の特典は似ていて、飛行機に搭乗する事で発生するマイルなどもそれほど誤差はありませんし、アップグレードの特典やクーポン、提携している航空会社や企業や交換可能なポイントの割合も年々近くなってきています。 そうなってくるとJALとANAのどちらのマイレージカードを作ればいいか自分で判断するのは、かなり難しいのです。 既に持っている銀行口座や、よく使うインターネット通販(Yahoo!、楽天)、カードに掛かる手数料や国内線、国際線を利用する頻度の違いなども比較の対象になります。 近年では両社ともsuicaにも対応していますので空、陸ともにマイレージカード一枚で済む便利な商品が登場しています。 また二つを移行したり、ここでは、まとめる事もそうです。 しかしそれは航空会社を両方利用する事が、仮に困難な様に同時に貯める事は有効期限も有り非常に難しくマイラーはどちらを選択するかの論争は常に繰り返し行われています。 近所のコンビニエンスストアやショッピングサイトでの支払い方法なども含めると種類が多すぎてどれにしたらいいかわからないというお客様は多いようです。 それでも、これは自分や家族の長い視野とヴィジョンでのライフスタイルに合ったマイレージカードを探し、この安定しない経済状況の中で少しでもお得な買い物をするための節約方法として活用していきましょう。

マイレージカードを上手に活用する方法


ANAやJAL、デルタやユナイテッド航空でマイルを貯めた際の有効な使い道は特典航空券や座席のアップグレード、航空券やツアーなどの購入があります。 それ以外にもマイレージカードで電子マネーや提携先のポイント、クーポンと交換する方法があります。 いつもよりグレードをワンランクアップさせ、ビジネスやエクゼクティブクラスやファーストクラスの席での旅行をマイルを使って希望される方も多いようです。 また各社お得なキャンペーンを随時公式ホームページで還元率を発表していますので、それらを使用する事でさらに上手にマイレージカードを活用できるのではないでしょうか。 これはJALならWAON、ANAなら楽天Edyなどの電子マネーに交換したりと使用方法は様々ですが、注意しなくはいけないのが36ヵ月の有効期限です。 飛行機に搭乗する機会がなくても提携する企業でオンラインでショッピングできたり、クーポンや家族に譲渡するなど無駄にしない方法はいくらでもありますので残高がある場合は上手に還元するようにしましょう。

このページの先頭へ