ANAマイレージカードを作ってマイルを貯める


年に数回の帰省や家族旅行など、たまに近距離の飛行機を利用される方でも会員になるのは無料です。 他にも何か特典があるのなら、と期待してANAマイレージカードを作るのではないでしょうか。 飛行機を利用する機会が多い方、頻繁に利用する予定がある方は気を付けましょう。 これから新規で契約をしたいと思っている方もいらっしゃることでしょうが、これは申し込み前に一度、注意が必要です。 このマイレージとは、飛行機に搭乗した距離に応じて与えられるポイントプログラムのことで、航空会社が顧客を集めるために考案した画期的なシステムです。 そして初心者の方にとって「マイル」と「マイレージ」の違いが解らない方もやはり多いようです。 マイレージとはシステムのことで、やり取りするポイントの単位がマイルという言葉です。 そうなると実際はこのように主なマイレージサービスは、搭乗距離に比例したポイントが、ここには付与されます。 これはマイルに応じた無料航空券・割引航空券・シートのアップグレード・商品券との交換などのサービスがここでは適用されています。 この嬉しいサービスは各航空会社が行っており、国内では全日空のANAと日本航空のjalのみとなっていますので、それには充分に注意してください。 ここでは、結果的には会員数が2300万人に達するANAマイレージカードについてご紹介して行きたいと思います。


ANA マイル 交換

ANAマイレージカードの有効期限について


ANAマイレージカードを作る際に覚えて置きたいことは有効期限です。 他のカードに比べて期限が長い方ですが、飛行機をあまり利用されない方が特典だけを期待して作成したもの、いつの間にか失効していた、と言うケースも多いようです。 有効期限は最長3年間であり、期限内に有効なマイル数を貯めておくことが出来なければ、せっかく貯めたマイレージカードのポイントも失効してしまいます。 また、特典マイレージを獲得するには最低1万マイルを貯めなくてはならずです。 これは国内帰省や国内旅行、国内出張などで1万マイルをこれから獲得するにはどうでしょうか。 例えば羽田~札幌では最低10往復が必要となります。 申し込み前に予め注意しておくことは、年に数回しか国内線を利用しない方は、このANAマイレージカード期限3年以内にこのように1万マイルを貯めるのはここでは難しいかもしれません。 海外旅行や海外出張に度々ANAの国際線を利用される方は、ニューヨークではエコノミーで往復するだけで1万マイルを超えます。 頻度高く国際線を利用される方にとってはすぐにマイルを簡単に獲得できることになります。

賢くマイルをANAマイレージカードで貯める方法


ANAの国内線、国際線を利用するだけではなく、マイルを貯める手段はこれだけではありません。
・提携パートナーでのショッピング
・提携ホテルでの宿泊、予約
・ネットショッピング(ANAマイレージモールを経由する)
・電子マネーedyでの支払い
このように、日常でもマイルを貯めるためのさまざまな提携先が充実しているのがANAマイレージカードの魅力と言えます。 賢く上手にANAマイレージカードのマイルを貯めるために、
・ANAの提携先を調べておく
・どの店でショッピングをすれば良いか
・現金ではなく提携先クレジットカードを利用する
などを申し込み前に頭に入れておくことが必要です。
ショッピングで貯めたマイルは、次のような特典に交換して、ここでは利用することもできます。
・提携先航空会社の特典航空券がもらえる
・搭乗席をグレードアップできる
・電子マネーEdy、楽天スーパーポイント、Tポイントに即時に交換できる
提携先航空会社は、非常に多く、スターアライアンス加盟航空会社の全27社、また、マイレージ提携の航空会社は、マカオ航空・エティハド航空・エバー航空・ハワイアン航空・カタール航空・ヴァージンアトランティック航空があります。 この他にも、生活のさまざまなシーンでマイルを貯められるのがANAマイレージカードの大きな特徴であり一番の魅力です。

このページの先頭へ