ユナイテッドマイレージカードのプログラムの魅力


各航空会社では、利害関係の一致する会社間で提携しグローバルネットワークを結びました。 加盟航空会社間ではマイレージの共有や乗り継ぎをスムーズにするなどの利便性を重視したサービスを利用者に提供することを徹底しています。 ANAの所属するスターアライアンス、JALが加盟したワンワールド、エールフランスやデルタなどが所属するスカイチームが世界を代表する会社のグローバルネットワークとなりました。 これらに加盟している航空会社間ではマイレージプログラムを上手に共有しています。 しかし、企業によって交換レートがバラバラであり統一されていないことが難点であります。 まず日本の航空会社JALとANA以外で外資系の会社で人気を二分しているのはデルタとユナイテッドです。 ここでは、まずはユナイテッドマイレージカードについてご紹介しましょう。 マイルの有効期限は最終増減日から18カ月となっていますが、有効期限内にマイルの増減があれば実質的には期限内の最後の増減から18カ月後に延長されます そしてユナイテッドマイレージカードをクレジットで利用していれば毎月増減があるので実質的には有効期限が無期限に延長されて行くことになります。 そしてJALやANAには有効期限がありますので、これはユナイテッドマイレージカードのサービスは、この最大の魅力と言えます。 また、頑張って貯まったマイルを家族以外にも友人や知人など誰にでも無償で譲渡が可能となっています。 こういった面でも特典航空券をギフトにすることも簡単に可能ですし、逆にここでは更にこれまでの過去の統計のデータを見ると判ります。 このユナイテッドマイレージカードのマイルを交換する際には、もう一度ここから注意しましょう。 つまり、日本から東南アジア路線の特典航空券を発券するとどうなるでしょうか。 エコノミークラスでは2万マイル、ビジネスクラスで3万マイルで交換が可能となりますので、JALやANAに比べて断然お得です。

手数料の発生がユナイテッドマイレージカードのデメリット


さまざまなメリットが豊富なユナイテッドマイレージカードですが、デメリットも挙げられます。 特典航空券を発券する際、公式サイトから申込みの場合に限り手数料無料となりますが、サイトから申し込めるのは自社便のみとなっています。 自社便以外の航空券を電話で発券する際に25USドルが手数料として必要となります。 また、ユナイテッドマイレージカードのマイルを使用したフライトの変更・取り消しの際は次のケースに限り、ここでは手数料が結果的にはここでは発生します。
・航空会社の変更
・乗り継ぎの変更
・出発地または目的地の変更
・取り消し

上記の場合は別途手数料として150USドルが掛かります。 このように、ユナイテッドマイレージカードには海外の企業ならではの、様々な魅力が豊富にありますが、これはデメリットもまたあることを正しく理解し、賢く有意義にマイルを利用することが重要でしょう。

このページの先頭へ